トピックス>プレスリリース

プレスリリース


iBRESS Cloud、12月1日よりサービス提供開始を発表
詳細





2017年11月8日(水)

次世代クラウドサービス「iBRESS Cloud」の提供開始

~VPNを使わない、安全で高速・双方向可能なデータ通信サービス~

株式会社ベルチャイルド(本社:大阪市北区、代表取締役:藤田好邦 以下 ベルチャイルド)とSkkynet Cloud Systems, Inc. (本社:カナダ、オンタリオ州、CEO :Andrew Thomas 以下Skkynet)は、産業用システムや組み込み機器のデータを、VPNを使わずインターネット回線で安全にかつ高速・双方向に送受信し、見える化・障害通知・予知保全などに活用できる『iBRESS Cloud』について、2017年12月1日からサービスの提供を開始いたします。




【提供の背景】

IoT市場が活発化し、Industrie 4.0によりスマート工場への関心が高まるとともに、ネットワークのセキュリティが重要視されるようになりました。ドイツ政府は「Industrie 4.0はインターネットを使用する事である」と定義しています。このインターネットをセキュリティ担保しつつ利用する事は大きな課題でありますが、今回、インターネット回線でVPNを利用せず、セキュアなデータ通信が実現できるソリューションを、アジア市場向けに『iBRESS Cloud』、欧米市場向けに『SKKYHUB』としてサービスを開始いたします。

本サービスは、2013年より国内外の産業用機器とクラウドの接続実証実験を行う積乱雲プロジェクトにて構想、2015年本サービスの前身となる『Secure Micro Cloud≪iBRESS≫』サービスを開始、2016年11月28日、ベルチャイルドとSkkynetは、在日カナダ大使館にてカナダ大使及びオンタリオ州首相立ち合いのもと、Industrie 4.0と産業用IoTのための次世代クラウドサービス開発に関する業務提携の覚書を締結しました。この締結により、約1年をかけて次世代クラウドサービス『iBRESS Cloud』を共同開発しました。



【「iBRESS Cloud」のサービス概要】

  • <特長>
  • ・VPNを使用せずインターネット回線を使用
  • ・アウトバンド接続によりファイヤーウォールのポリシー変更不要
  • ・WebSocket通信による高速/双方向通信
  • ・Webブラウザ上でグラフィックパーツをドラック&ドロップでプログラミングなしでHMI作成
  • ・データ量に応じた料金プランでスモールスタートが可能
  • ・iBRESS Cloud、DataHub*1、およびETK*2の連携によるパラダイムシフト
  •  *1:[DataHub] OPC-UA/Modbus等のプロトコルが実装された統合データ管理ミドルウエア
  • *2:[ETK]組み込み機器に搭載するC言語ベースのセキュアなデータ通信を実現するソフトウェア


  • <主な用例> ・安全で高速・双方向可能なデータ通信
  • ・リードタイムの大幅短縮(IIoTをクイックスタート)
  • ・現場の状況をカメラ画像データでリアルタイムに把握
  • ・IoTデータのデータベース保管

  • <価格(税別)>
  • 月額15,000円より
  • (データ通信料,HMI画面閲覧料,HMI閲覧ソフト利用料込み)

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ