Products>IIoT Lab

来て!見て!試して!

IIoTの『やってみたい』を試せる施設

『IIoT Lab』は、2019年4月に開設した「製造業向けのIoT」が体験できるユニークな施設です。 センサやカメラ、PLCデータの可視化などを実際に機器を触りながら体験できます。

IIoT Labとは

IIoTLabは、製造業向けのIoTを「来て!見て!試して!」をコンセプトに2019年4月に開設しました。

  • IIoTを始めたいけどよくわからない
  • クラウドを使ったIoTがしたい
  • 簡単にできると思っていたAWSやAzureが実は難しかった

こんなお悩みをお持ちのお客様のために実際にIIoTを体験していただける施設です。

IIoTLabでできること

IIoTLabでは、エンドデバイス、ゲートウェイ、クラウド(iBRESS Cloud・AWS・Azure)など、様々なコンテンツを 実際に見て、触ってみていただくことができます。

  • クラウド契約のサポート
  • クラウド接続のサポート
  • クラウドサービスの状態監視サポート
  • 機器の遠隔監視のサポート
  • 状態通知(メール/SMS)のサポート
  • データ保管/取り出しのサポート
  • 予兆監視のサポート

IIoT Labで展示中のデモをご紹介

EtherCAT→OPC UA、オンプレミス/クラウドで機器の状態をモニタリング

このデモは「生産設備で稼働する工作機械のモーター制御」を想定した構成です。
プログラマブルコントローラ(以下コントローラ)はモータの回転角度と速度を制御し、サーバとなって情報を提供することができます。このデモで採用しているコントローラのプロトコルは「EtherCAT」と「OPC UA」に対応しており、「EtherCAT」で取得したモータのデータを「OPC UA」で書き出しています。書き出されたデータはDataHubPUERTO UA Monitorをクライアントとして「OPC UA」を利用し可視化しモニタリングします。

■オンプレミスでモニタリング
オンプレミスの環境では取得したデータを「Datahub」のWebView機能でモニタリングします。また「PUERTO UA Monitor」でエクセル上に表示することもできます。

■クラウドでモニタリング
「Datahub」から専用プロトコル「DHTP」を使用し、セキュアにクラウドサービス「iBRESS Cloud」へデータを接続することで遠隔監視を実現します。

デモを動画で紹介

IIoT LAB Network

IIoT LAB は、IIoTの勉強グループである積乱雲プロジェクトのメンバー4社が中心となり国内4個所でIIoTを体験できる施設です。センサーからエッジコンピューター、そしてクラウドまでの一貫したIIoTのネットワーク、何種類かのプロトコルを使用して安全、高速、柔軟性、拡張性そして経済性を考えたシステムが体験できます。全てのIIoT LABは、(株)ベルチャイルドが提供するNo VPN対応のクラウドサービス「iBRESS Cloud」に接続されています。また、カナダのSkkynet Cloud System社のIIoTミドウェア 「Cogent DataHub」が評価できる環境をご用意しています。