Products>一方向通信制限装置 データダイオード OWCD(One Way Control Device)

Powered by MHPSエンジニアリング

イーサネット通信を物理的に片方向に制限!
簡単明快セキュリティ「データダイオード OWCD」

AからBへの通信時、BからAの流れは完全に断ち切ります。

片方向制限時には出力側から入力側へ
一切の信号が通過しません。

※当製品は三菱日立パワーシステムズ株式会社の特許となります。

OWCDとは

Webで情報発信をするとき、IoTでデータを送り出すとき、気になるのは自社システムや製品への不正侵入です。メールやWeb閲覧をしない回線なので外から内へは完全に塞いでも良いとき、片方向を確実に塞いで良いときに活躍するのが一方向通信制限装置「データダイオード OWCD」です。

簡単明快に価格も抑えた「データダイオード OWCD」で、守り切りたい発信源から不正侵入ウィルス混入を確実に防ぎます。

「データダイオード OWCD」はゲートウェイとは違い、通信を片方向に制限するための論理設定は一切必要ありません。 ゲートウェイは双方向通信を実現する装置上で流してよい通信をその中身に沿って通す/通さないと設定したうえで切らねばならない通信は完全に遮断する設定を考えて施す必要があります。正確に考え間違いなく設定を行う手間がかかります。対して「データダイオード OWCD」はコンセプトが異なり、そもそも切れている(物理的なケーブルが無い)回路を片方向だけケーブルを結びます。 一方向通信のための設定は何も必要はありません。

安全にネットワークを結ぶ「データダイオード OWCD」を核に必要があればデータ型式変換ソフトウェアを装置前後に組み合わせます。回線保守のため双方向通信を行う鍵付きバイパス回路を設けています(レスオプションあり)。

「データダイオード OWCD」に加え、データ型式変換ソフトウェアとホワイトリストタイプアンチウィルス対策を加えたコンピュータをパッケージした製品もご提供しています。

用途

「データダイオード OWCD」を守りたいネットワークからデータを送り出すところに取り付けます。 ※セキュリティシステムへ組み込む場合は分析装置がデータを受け取るところ

情報をWebで公開する際、Webサーバとデータベースシステムは別のサーバであることが多いですが、情報発信一方の回路なら そこに「データダイオード OWCD」を挟んでいただくだけで内部への不正侵入やウィルス混入を防げます。

  • システムや装置からデータ通信する際の発信側防衛に
  • 情報公開用Webサーバへの情報アップロードラインの情報発信データベース側防衛に
  • ウィルスへの打ち手の少ない生産設備の情報を様々な通信が飛び交うオフィスで活用する際の結界に

事例

「データダイオード OWCD」は、セキュリティを気に掛けるところで、せっかくのネットワーク分割運用の投資を無にせず簡便にご利用いただけます。

シンプルな原理がかえってご理解いただけず事例が少なかったのですが、様々な業態への適用が加速しています。

  • 火力発電所の遠隔監視(海外:韓国,東南アジア,欧州:での実績もあります)
  • 重要な公共インフラ
  • 個人情報を多く取り扱われるオフィス
  • 知財を扱うデザイン事務所や設計事務所
  • 工場や工務店のような担当部門

機能  片方向通信⇔双方向通信のモード切替

「データダイオード OWCD」のフロントパネルスイッチの切り替えにより、片方向通信、双方向通信のモード切替ができます。スイッチの状態を監視し、上流側ネットワークへ通知します。

標準ソフトウェア (ファイル転送プログラム仕様)

標準でデータファイルの転送プログラムをご用意しています。 上流PCの転送フォルダにデータファイルを書き込むと、下流PCの書出フォルダに転送される仕様です。

ハードウェア仕様

価格

¥800,000~
※通信仕様によって変わります。詳細はお問い合わせください。

お知らせ

開発元である「MHPSエンジニアリング株式会社」のサイトにも「データダイオード OWCD」の商品案内が掲載されています。
【製造技術データベースサイト イプロス製造業】に掲載されています。