Products>DataHub

Powered by Cogent Real-Time Systems


全てのデータを一元管理、
iBRESS Cloudとセキュアに通信

産業用オートメーションのためのリアルタイムミドルウエア

DataHubは、組み込み機器からクラウドまでを容易にIoT・M2M接続するミドルウェア、つなげる、見せる、保存する、知らせる等のM2M構築に必要な機能がパッケージ化された商品です。

DataHubv10近日発売!
履歴データに対応します!

DataHubとは

産業オートメーション向けミドルウェア

OPC UA やOPC Classic のクライアントまたはサーバーへのリアルタイムな双方向通信、Modbus スレーブ、Excel スプレッドシート、SQL データベース、カスタムプログラムや組込みシステム、Microsoft Azure IoT Hub、Google IoT、Amazon IoT Core、標準のMQTT クライアントまたはブローカーに接続します。

全てのデータを一元管理

あらゆるソースやプロトコルのデータを一つに統合し管理します。統合されたデータは、DataHub がサポートするプロトコル(OPC UA, OPC Classics, Modbus,MQTT、DDE、TCP、ODBC、HTTP、XML など)のクライアントから接続してデータ利用が可能です。

リモートから設定・管理

DataHub にはRemote Config 機能が搭載されています。ネットワーク内またはサービスとして実行中のDataHub にアクセスすることで設定・管理が行えます。

簡単な設定と高パフォーマンス

DataHub は、1秒間に10,000 データポイント以上の変化に対応し処理ができるため、高速で稼働しているFA システムにお使いいただけます。また使い勝手を考慮し、すべての機能が同じユーザーインターフェースとなっています。簡単な設定と堅固なパフォーマンスで時間と費用を節約することができます。

ツールでモニタリング画面作成

DataHub に接続されたデータは、HMI 作成&閲覧用ソフトウエアWebView で可視化できます。WebView は作成用画面とモニタリング画面とを切り替えながら画面設計を行います。Web ブラウザ(IE)版、Windows アプリ版で提供しています。

新機能


  • MQTTクライアント:Azure IoT Hub、Amazon IoT、Google IoT接続を含む、MQTT IoTシステムへの接続に使用可能
  • MQTTブローカ:MQTTクライアントからデータを収集し、DataHubでサポートされている各種プロトコルを使用する既存システムとMQTTを統合
  • リモート設定:リモートからDataHubの設定が可能
  • デスクトップWebView:Silverlightを使用しないデスクトップHMIツール
  • IPカメラサポート:IPカメラやUSBカメラを直接つなぎ、現場の状況を監視
  • 64bit対応:64ビットアプリケーションとして実行

特徴


  • 速 さ:1秒間に10,000データポイント以上の変化を処理します。
  • 利便性:すべての機能が一つのユーザーインターフェースに統合されています。
  • 適合性:あらゆる産業システムに適合します。
  • 効率性:簡単な設定と堅固なパフォーマンスで時間と費用を節約します。
  • 視認性:HMI(WebView)により、webブラウザでページを作成・閲覧できます。

機能


  • 産業用プロトコルとの接続:OPC、Modbusなどの産業用通信プロトコルを直接接続することが可能です。
  • データ交換機能:「Tunnel/Mirror」「Gateway」「Bridge」機能でデータをつなぎます。<詳細はこちら
  • データベースとの接続:データロギング機能で、ODBC対応データベースへのデータのロギング、クエリーの設定が可能です。
  • データの履歴とグラフ化:Historian機能でデータの履歴を残し、QuickTrend機能と連動して過去のデータをグラフで表示します。
  • アラートメールの送信:アラーム/タイマーイベントと連動して、データをE-mailやSMS(ショートメール)を送信できる、監視用途には必要な機能です。
  • Excleとの接続:DDE機能で、クリック&ドロップでリアルタイムデータをExcelに表示させることができます。
  • マルチ言語対応:インターフェイスは、日本語、英語、中国語、スペイン語、その他3カ国語に対応しています。
  • Web上のHMI構築:プログラミング不要で簡単にWeb上のHMI(Human Machine Interface)を構築することが可能です。<詳細はこちら
  • OPC UA対応:OPC DA、Modbus、TCP、ODBCに加えOPC UAにも対応
  • Forward Proxy対応:Forward Proxyを経由しての外部接続に対応

機能詳細:データ交換

TUNNELLERS -- トンネル/ミラー通信

DataHub同士を接続することで、トンネル/ミラー通信が可能となりWebSocketやSSLを使用して安全にデータの交換が可能となります。

DataHub - The Invisible Tunneller

DataHubを利用し、VPNを使わず、ファイヤーウォールのポートを開くことなく、プラントネットワークの外部からデータにアクセスする仕組みを動画でご紹介します。


OPC Gateway -- OPC UA / DA変換

リアルタイムのストリーミングOPC UAデータをDAに、 またはその逆DAをUAに変換します。 OPC Gatewayを使用すると任意のOPC DA サーバーまたはクライアントを、任意のOPC UAサーバーまたはクライアントに、ローカルまたはプラントネットワーク経由で接続できます。

技術レポート:IIoTのための最新技術をご紹介!

Secure IoT Gateway Architecture (PDF)

『プラントとクラウドのIoTプラットホームをつなぐ安全なIoTゲートウェイアーキテクチャとは』と題しまして、産業向けに使用されているIoTゲートウェイのアーキテクチャと、さらに安全性が強化されたアーキテクチャをご紹介します。
1. 一般的なIoTゲートウェイ
2. DMZとデイジーチェーン接続
3. DHTPで安全性が強化されたIoTゲートウェイ

※本技術レポートは、Skkynet 社(カナダ)のSkkynet White Paperの『What Makes a Secure IoT Gateway Architecture?』の翻訳です。英語版と翻訳に相違がある場合、英語版の内容を優先するものとします。

AGGREGATION -- データ集約

DataHubのデータ集約機能は、すべてのOPC、DDE、ODBC、Web、およびTCP接続アプリケーションからデータを収集し共通のデータセットとしてユーザーに提供できます。複数のソースからのデータを1つの場所に集めることができます。

機能詳細:HMI作成・閲覧

4000種類以上のグラフィックパーツで描くようにHMI画面構築!

DataHub のHMI作成・閲覧機能【WebView】は、プログラミング不要で簡単にWeb上のHMI(Human Machine Interface)を構築することができます。画面設計・開発は、、Webブラウザ上でMicrosoft社のSilverlightテクノロジーを利用したリッチなユーザーインタフェースで行います。

機能詳細:IoT<安全にインターネットに接続>

設備や機器とクラウドを容易に接続

DataHub に接続された様々なデータ(OPC UA, Modbus,DDE, ODBC など)をクラウドサービスで活用できます。DataHub とクラウドサービスは、アウトバウンド接続(特許技術)により、IT ポリシーの変更、VPN、追加のハードウェアを必要とせず安全に双方向での通信が可能となります。

事例

【事例1】
異なるプロトコルの拠点間をトンネル/ミラーで接続

産業施設ではさまざまな通信規格(プロトコル)が使われ、機器独自の通信規格も多数あります。異なるプロトコルで構成されたネットワークや拠点をDataHubで接続することができます。拠点ごとに配置されたDataHub同士のトンネル/ミラー通信で、セキュアなデータ通信システムを構築することができます。この使い方に対しお客様からのリクエストが多くなっています。


【事例2】
既存設備を安心・安全・簡単にOPC UA化

現在、プラント業界の設備の多くはOPCクラシック環境で、今後OPC UA化が課題になると考えられます。DataHubをゲートウェイとして配置することで、既存設備(OPCクラシック環境)のままデータをOPC UAネットワークに公開できるようになります。OPC UA対応の機器の入替えに比べ、DataHubは簡単かつ安価にOPC UAに対応することができます。


【事例3】
OT側とIT側との境界線にDMZ(非武装地帯)として配置

IT(情報システム)とOT(制御システム)は業務内容や仕組みがまったく違うため、単純につなげてしまうとセキュリティインシデントに巻き込まれる可能性が考えられます。そこで、ITとOTを連携するシステム構築には、それぞれの領域をつなぐ橋渡しにDMZ(非武装地帯)を用意することが望ましく、DataHubがDMZとして採用されることも多くなりました。

ダウンロード

DataHub評価用ソフトダウンロード

DataHub 日本語版入門ガイドダウンロード